記事一覧一覧

NO IMAGE

クラミジア症状

クラミジア感染症は男女若干の症状の違いがありますが、共通している症状としては「かゆみ」があります。患部にかゆみを感じたら検査を行い、クラミジア感染症であるかどうかを早めに調べるようにしましょう。しかし、クラミジア感染症は自覚症状が現れにくく、誰でもかゆみを感じるわけではありません。特に女性は男性とは違い、外部に症状が出にくいため注意しなければなりません。

NO IMAGE

クラミジアの感染

クラミジアは空気感染や使用済みタオルを使用したり、プールなどでも間接的な感染はなく、9割が性行為で粘膜同士が触れることで感染します。生理中のセックスは控え、コンドームを使用するなどしてクラミジアの予防をしていきましょう。

NO IMAGE

クラミジア治療

クラミジア感染症の治療を受けてもなかなか治らない方は「処方されたお薬を正しく服用していない」、「他の性病が併発している」などが原因となっている可能性があります。クラミジア感染症を完治させるには治療中の性行為を控え、医師の指示を守り治療を続けていくことが大切です。

NO IMAGE

クラミジア感染症の治療

クラミジアの治療は基本的に薬剤療法を用いて行います。クラミジアを薬剤療法で治療中は「セックス」、「オーラルセックス」、「お酒」の3つは禁止です。お酒を飲んでしまうとアルコールにより治療効果が薄れてしまうので、注意しましょう。

NO IMAGE

咽喉クラミジアについて

クラミジア感染症は性行為で粘膜同士が触れることで感染してしまいます。そのため、オーラルセックスでもクラミジア感染症は感染してしまいます。咽喉へ感染してしまうと、咽頭の痛みや腫れなどの症状が出てしまうので、オーラルセックス時も出来る限りコンドームを使用して感染を予防しましょう。

NO IMAGE

性器クラミジア男性の症状と検査方法

男性のクラミジアは、尿から調べることが出来ます。感染の疑いがあった時から2日~3日ほど経過していれば問題なく検査することが出来ます。クラミジアが進行してしまうと尿道炎や前立腺炎などを引き起こす可能性があるため、クラミジアの感染の疑いがある場合は早めに検査し治療するようにしましょう。

NO IMAGE

クラミジア感染症について

クラミジアはお風呂やプールなどでの間接的な感染はほとんどありません。クラミジアの感染は約9割ほどが性行為が原因となっています。また、オーラルセックスをすることで、喉への感染もしてしまうことがありますので気をつけましょう。

NO IMAGE

性器クラミジア女性の症状

女性に最も多い性病として挙げられるのが「クラミジア」です。また、クラミジアは感染していても症状が現れにくい特徴もあります。放置してしまうと妊娠にも大きな影響を与えてしまうので、少しでも違和感や疑いを感じたら一度医師に診てもらいましょう。