クラミジア感染症について

性病の中でも最も多いクラミジア感染症

クラミジア感染症について一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。クラミジア感染症は性病の中でも最も多い感染症のひとつで、男女問わず感染します。クラミジア感染症は自覚症状が現れにくく、感染を気づきにくい性病としても知られています。

男性の場合は尿に膿が混じり痛みが出る場合がありますが、女性の場合は痛みが出にくく男性よりも気づきにくい状態となります。クラミジア感染症に感染した状態で放置してしまうと内部へと感染が進行してしまい、不妊症の原因となる恐れが出てきてしまうので注意が必要です。

また、男女の性器以外にもクラミジア感染症になってしまう箇所があります。それは「喉」です。いわゆるオーラルセックスをした場合に、クラミジア菌が咽喉へと感染してしまうのです。

咽喉がクラミジア感染症になってしまうと、のどが腫れて痛みが出る咽頭炎などを引き起こすことがあります。オーラルセックスによるクラミジア感染は、クラミジア感染症の男性とオーラルセックスをすることにより感染する場合と、オーラルセックスをする側の女性の咽喉がクラミジア感染症で、男性に移してしまうケースもあります。

性病の中でも最も多いクラミジア感染症を防ぐためにも、まずはクラミジア感染症の感染ルートを把握する必要があります。多くの方がお風呂などでの間接的な感染がないのかという疑問や不安を感じているのではないでしょうか。確かにクラミジア感染症は性病の中でも圧倒的に多いものなので感染力が高いことが分かります。

しかし、クラミジア菌は人間の体を離れてしまうと生命力が弱いため、すぐに死滅してしまうといった特徴があるのです。つまり、クラミジア感染の可能性はゼロではありませんが、空気感染やお風呂やプールなどでの間接的な感染はほとんどないことが分かっています。

このことからクラミジア感染症は9割以上が「性行為」により感染することがお分かりいただけるのではないでしょうか。クラミジア感染症を予防するためには、性行為時にコンドームを使用することが一番の予防対策となります。

コンドームを使用せずに性行為を行って性器に違和感やかゆみ、痛みを感じたら、パートナーにもクラミジア感染症が感染している可能性が高くなりますので、一緒に検査を受け必要な治療を受けるようにしましょう。