性器クラミジア男性の症状と検査方法

男性のクラミジア感染症状は

性病の中でも最も発症が多いのがクラミジアです。クラミジア菌は生命力が弱く、空気感染や間接的な感染はほとんどありません。しかし感染力が高く、粘膜同士が触れるセックスやオーラルセックスなどで感染してしまいます。

潜状期間が約1週間~3週間と短く発症が早いのですが、自覚症状が現れにくいといった特徴もあります。そのため、クラミジア感染していることを気づくことが出来ず症状が悪化してしまうケースが多いのです。クラミジアが進行する前に発見するためにも、クラミジア感染で現れる症状について把握しておく必要があります。

男性がクラミジアに感染してしまうと次のような症状が現れます。まず一つ目は「ペニスにかゆみ・違和感」が出ることです。性行為した数週間後、ペニスにかゆみや違和感を感じたらクラミジアの疑いがあります。

二つ目は「尿に白い膿が混ざる」です。クラミジアが進行してしまうと、尿道炎や前立腺炎などを引き起こしてしまいます。そのため、尿に膿が混じって出てくる場合があります。症状が出たらなるべく早く医師へ診てもらうようにしましょう。

クラミジアに感染しているかどうかを調べる男性の検査方法としては「尿」を調べます。尿を調べることでクラミジア感染の有無を調べることが出来ます。クラミジア検査は病院の秘尿器科や性病科などで受けることが可能です。

また、病院に直接行くのが恥ずかしいという方でも「クラミジア検査キット」で調べる方法があります。クラミジア検査キットとは自宅で誰にも知られることなく匿名で検査することが出来るもので、病院などと検査精度も同等です。

検査結果は電話やメール、郵送などで知ることが出来ます。クラミジア検査キットの使い方はとても簡単で、箱を開封したら尿を入れる容器に適量の尿を入れて配送するだけです。この方法で誰にも知られず匿名でクラミジア検査を受けることが出来ます。

男性の場合、クラミジア感染が進行してしまうと尿道炎や前立腺炎、血精液症、副睾丸炎などを引き起こしてしまいます。長くクラミジア感染を放置してしまうと、不妊症となるリスクが高まっていってしまいます。

そうならないためにも痛みやかゆみ、違和感を感じたらすぐにクラミジア検査を受けることが大切です。病院に行くのが恥ずかしいという方は、クラミジア検査キットを利用して調べることをオススメします。