咽喉クラミジアについて

オーラルセックスでもクラミジア感染はするのか

クラミジア感染症は日本国内で最も多い性病としても知られています。クラミジア感染症の主な感染経路は「性行為」によるものです。互いの粘膜同士が触れるだけで感染してしまうほどクラミジア菌は感染力が高く、約1~2週間の潜状期間を経て感染してしまいます。

クラミジア感染症のような性病は、性器のみに感染する病気だと思われがちですが実はそれだけではありません。オーラルセックス(フェラチオやクンニ)などによる咽喉へのクラミジア感染もあるのです。

オーラルセックスによるクラミジア感染経路は主に2つあり、クラミジア感染をしている性器から咽喉に感染してしまう経路とクラミジア感染をしている咽喉から性器に感染させてしまう経路があります。

咽喉にクラミジアが感染してしまうと咽頭の腫れや痛み、発熱など風邪に似た症状が現れるようになります。そのまま放置してしまうと慢性の扁桃腺炎になってしまう恐れもあります。

この咽喉へのクラミジア感染は、性器クラミジアに感染している女性の約10~20%に見られるといった検査結果も出ているようです。性器クラミジア感染症が発症している場合は、口腔への感染があるかどうかの検査も受けるようにしましょう。

性行為が原因で感染してしまうクラミジア感染症を防ぐには、やはり「コンドーム」を使用することが一番の予防となります。男性から女性の咽喉へクラミジアを移してしまうケースだけではなく、女性の咽喉から男性性器へ感染してしまう事があるので注意しなければなりません。

クラミジア感染症になってしまうと、HIVへの感染率が3倍~5倍ほどに上がってしまい、そのまま放置してしまうと男女共に不妊症になってしまう恐れが高くなってしまいます。そうならないためにも、クラミジア感染症に感染してしまったら早めに治療することが必要です。しかし、クラミジア感染症は自覚症状が現れにくく、早期発見が難しい性病でもあります。

そのためにも、しっかりとした予防対策が大切です。セックスはもちろん、オーラルセックスでもコンドームを使用してクラミジア感染症を予防していきましょう。

また、生理中はクラミジア感染がしやすい状態となっていますのでコンドームを使用したとしてもなるべく性行為を控えるようにしましょう。パートナー同士、お互いにクラミジア感染症から守るために心がけていきましょう。