クラミジア治療

クラミジアの治療と治らない時の原因

クラミジア感染症は性行為が主な原因で感染する性病です。クラミジア感染症などの性病は自然治癒することはなく、一度感染してしまったら治療しなければ治ることはありません。

クラミジア感染症の治療方法としては「薬剤療法」が用いられます。抗生物質ジスロマックやクラビットなど多くのお薬がありますが、薬の効果はどのお薬もほとんど変わりません。

有効成分アジスロマイシン配合のジスロマックは通販ができます。

お薬を服用することにより、徐々にクラミジア感染症の症状が緩和していきます。しかし中にはクラミジア感染症と診断され、治療を続けているがなかなか完治しないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

治療の効果は人によって差がありますが、次のようなことが原因となっているケースがあります。クラミジア感染症がなかなか完治しないその原因についていくつか挙げていきましょう。

まず一つ目は「飲酒」です。薬を服用している時に飲酒をしてしまうと、薬の効果が患部に十分に行き届かず得られる治療効果が半減されてしまいます。クラミジア感染症の治療中は飲酒を控え、治療に集中するようにしましょう。

二つ目は「処方されたお薬を正しく服用していない」ことです。服用のタイミングを守らなかったり、薬を飲むのを忘れてしまったりと正しくお薬を服用していないと、治療期間も予定より大幅に延びてしまい完治が難しくなります。

医師の指示を守り正しくお薬を服用するようにしましょう。三つ目は「他の性病と併発している可能性がある」ことです。正しく処方されたお薬を服用し、飲酒などもせずに治療を続けていてもなかなか治らない場合には他の性病と併発している可能性が高くなります。医師と相談し、他の性病と併発していないかを検査してみましょう。

クラミジア感染症は治療を続けることで必ず完治させることが出来ます。少しでも早くクラミジア感染症を完治させるポイントとしては「完治するまで性行為を控える」ことが大切です。

クラミジア感染症は9割以上が性行為が原因で感染します。そのため、治療中に性行為をしてしまうとパートナーに感染させてしまったり、せっかく治療しているにも関わらずまたクラミジア菌を増やしてしまうことにも繋がります。

クラミジア感染症を完治させるためにもクラミジア感染症の治療を最後まで続け、医師に完治したと診断されるまで性行為は控えるようにしましょう。